記号的に愛して フェティシズムと感情の海を越えても人でいられる? 忘れてはいけないのは削ぎとられた敷地が どんなに素敵だったとしてもそこには見えない鎖があって 途方もないんだよ。 僕らは鳩に餌をやるように 何気ないふりをして通り過ぎるけれど 虹 …

僕の狭い部屋で彼女がハイソックスをそっと脱いだ 紺と白とプリーツと彼女の肌についたソックスの跡のミニマムほとんど白黒映画 狭いが窓の大きい部屋カーテンから吹き込む風なんの変哲もない田舎町 ミニマム/ 頭の中ではさっき彼女と乗って帰った電車の吊…

プールに浮かぶ 赤い点点が 花に見えたのは 夏の熱のせいか 涙目で退場する 少女の人生の点点が こんなところじゃなきゃいいのに 伸びすぎた葉陰の下で思う 青春は あっというまに 結晶になる 誰にも言語化できない 遠回りして辿り着いたように見えたのは自…

4月の 地球の 淡萌黄の 新芽と 深いブルーの 海が 1億2676人の 浮かれた春によって 転覆し まっさかさま ぜんぶ 黒い煙や 灰色の 元永田町の ビル群だった瓦礫に うもれた しゃしんをとるひと は もう いないのね みんな飽きっぽいから 地球をおおっていたは…

パパママぼくは夢を見てるの? パジャマ姿でKFCを頬張る 失われた雨上がり 太鼓の音 浮輪で揺れる空気を泳ぐ 骸骨がそのへんにころがっているんだ 気のせいだよ 幸せも苦痛も ヴェールの向こうの澄んだ瞳に誓ったんだろう きみは覚えてないのかい 笑顔みたい…

なんでもかんでも やっかんだり ひがんだり 熱い紅茶で火傷をし 見返したら私の後ろにはひよこ1匹おらず 見渡したらすべての窓という窓が破れ 風はこのページも向かいの友人への言葉(本当のところは些細すぎて言葉にもなりきらなかったことば)もエジプトの砂…

夜の最下層 構造は乱れて区別もつかない ヒトはヒトらしさを歌舞伎町の街灯に託して顔を失ってゆく さよなら 友だち 「かわいそう」 の続きを絵に描く人 知らない名前のインクが 混ざり合ったり/飛び散ったり きらきら 模造紙の上に手のひらを置いて地球を感…

今年よく聴いたアルバム

・LADY FLASH『恋するビルマーレイ』 ・大森靖子『TOKYO BLACK HOLE』 ・For Tracy Hyde『Firm Bleu』 ・Ice Choir『Designs In Rhythm』 ・Radiohead『A Moon Shaped Pool』 ・The Novembers『Hallelujah』 ・Babaganouj『Pillar of Light』 ・きのこ帝国『…