読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今からちょっと前の話

今この瞬間から死ぬまで私が好きなことしかしないで好きなものしか触れないようにすることの証明用記録 日記らしい とっとくようなものでもないので

新卒採用の制度も就活産業のやり口も嫌で嫌で仕方なくて、でもやりたいことをやる実力も自信もなくて考え込んだり逃げたり片手で数えられるくらいの企業に落ちたりしてたら11月とかになってて、貧乏になったら負けだって気持ちだけは確かにあったから偶然マイ☆ナビで目に入った某新卒採用エージェントに駆け込んでそこで出会ったエージェントのTさんがマジで良い人で (全信用をかけて紹介します) IT企業に一発採用決まってでも2日後とかにパッて朝起きたときに「これじゃダメだ」って (スピリチュアルな思想は一切持ってないんですけど) 直感があってTさんに謝り倒して内定辞退させてもらって そこからまた1月にかけて大学留年の可能性も相まって (結果は2月末までお楽しみに) 緩やかにマジもんの鬱病にかかって一切人に会わずバイトもせず好きでやってるはずのバンドもほとんどほったらかしてブランケットにくるまっていた

それでまぁその他諸々の鬱病の原因と思われる要素を全て撤去していこうねって先生とか大事な人がアドバイスしてくれてて、そういうときにある日急に親しくさせてもらってる方から連絡が入って、そこからは出会う人出会う人良い人ばかりで、就活期の初めから密かにやりたいと思っていた校閲の仕事に、いつのまにか就けた (現在試用期間中)

校閲の仕事は、父親からも反対されていたし (やたら高望みをされていた) R大学の相談員は 「ウチの学生がやるような仕事じゃない」 などとのたまっていたので絶対私向いてるよなぁと思いながらもなんとなくあきらめていた

まだ一週間しか勤めてないけど本当に楽しくてこの仕事も職場も好きだなって思うしクビにならないかぎり続けてみたい

それでそのうち絶対フリーの在宅校閲者兼業音楽の人になってめちゃめちゃにお金稼いで自由に時間使いたい

鬱病って診断されたのは早いうちでよかった、って思うしそれに時間とられた以外は本当にやりたくないことしてないし嫌いなものもぜんぶ見えないようにして今この瞬間から絶対好きなものだけの世界完成させたい

まだ私のことを見下してる人がいるような妄想したり自分の心の中に僻みみたいなものが残ってるからちゃんと文字にしようと思いました。

次回あたりに自主企画の追想を書こうと思います。